身分証明書や携帯電話

身分証明書の提示が必須になる

どんな人間なのか分からない怪しい人間を、お店で働かせるわけにはいきません。
ですから、身分証明書の提示を求められるケースがほとんどです。
運転免許証や、パスポートを用意しておきましょう。
大学生の場合は、学生証を身分証明書にできます。
面接で身分証明書を見せるので、忘れないうちにカバンの中などへ入れましょう。

どんなにやる気を持っている人でも、身分証明書が無いと採用できません。
また面接に行く途中で、身分証明書を忘れたことに気付くことがあります。
家に取りに帰ると、面接の時間に遅れてしまうかもしれません。
約束した時間に遅刻することは、絶対に避けなければいけません。
家を出る前に、身分証明書を持ったか確認しましょう。

携帯電話を持って行こう

面接の日に、お店から電話が掛かって来ることがあります。
特にデリヘルは実店舗を持っていないことが多いです。
ですから面接をする場所を、当日に指定される流れになります。
道案内されることもあるので、その時に携帯電話を持っていないと連絡できないので困ります。
面接に行く時は、必ず携帯電話を持って行ってください。

実際に働くことになれば、ほとんどの連絡を携帯電話で済ませます。
番号を登録したりするので、自分の番号をすぐ言える状態にしておきましょう。
中には、携帯電話を持っていない人も見られます。
その場合は面接を受けたいと連絡する時に、必ず持っていないことを伝えましょう。
何かしらの対応をしてくれるので安心してください。