面接権のことを調べよう

清潔感のある服装を心がけよう

お客さんの前に出る時、汚い服装をしていると自分だけでなく、お店の全体的な評価が下がってしまいます。
汚い恰好でお客さんの前に現れることは、失礼な行為です。
清潔感のある服装を意識して、面接に臨んでください。
下着にも注意しましょう。
接客する時は、下着姿になるデリヘルが多いです。
普段は内部のことなので、下着まで注意して服装を決めない人がいると思います。

綺麗な下着を着用して、面接に行きましょう。
また、下着を持って行っても良いと思います。
デリヘルによっては、下着の種類やカラーが決められていることがあります。
面接を受ける前に、どんな下着を用意すれば良いのか確認しておきましょう。
持っていない場合は、購入してください。

メイク道具を持って行こう

接客する前に、シャワーを浴びる決まりになっているかもしれません。
メイクをして面接に行った場合、メイクが落ちてしまう可能性があります。
メイク道具を持参することで、崩れてもすぐに修正できます。
貸し出しているデリヘルもありますが、自分が普段使っているメイク道具の方が使いやすいでしょう。

荷物に感じるかもしれませんが、なるべく持って行ってください。
メイク道具をきちんと用意していることで、好印象を与えることに繋がります。
何があっても良いように、メイク道具を持参してください。
また髪の毛が長い人はまとめられるように、ヘアゴムやヘアクリップを持っていくことをおすすめします。
すると髪の毛が邪魔になった時でも、安心できます。